最近の住宅の屋根



平成20年1月30日

最近の住宅の屋根は、カラフルな色が多くなってきま

したね。施主様が若いという理由もありますが、それだ

けでもなさそうです。私は、屋根の色は、世の中の世相

を反映していると思います。

昔、高度成長時代に、景気の良い年には、青、赤、オ

レンジ、緑などの色の屋根が多く建ちました。不景気の

年には、灰色の屋根が増えました。低成長時代になると

灰色、いぶし銀の、落ち着いた色の屋根が主流になって

しばらく続きました。

最近は、黄から茶色をベースとしたカラフルな屋根が

目立ちます。個性化の時代、自己主張の時代、・・・?。

でも、オシャレですね。今日も、そんな屋根を葺いて

います。
f0129956_2232795.jpg

[PR]
by kawara-shiine | 2008-01-30 22:35
<< ちょっとブレイク 屋根に関する仕事は、全て >>