タグ:屋根 ( 6 ) タグの人気記事

瓦型太陽光発電システム2

瓦型太陽光発電システムの取り付け工事が終了

しました。

テスターで測ると、確かに電気が発電されています。

私が若かった頃には、太陽電池は、、遠い世界の物語

でした。それが、今、自分の手で取り付け工事がされる

事に、時代の進歩を感じます。これから、どこまで世の中

進歩していくのでしょう。屋根は、どんなに変わっていくの

でしょうか。

折からの、雪の積もった屋根を見ながら、一人ごとをつぶ

やく私です。

f0129956_2114571.jpg



しいね産業(株)

[PR]
by kawara-shiine | 2007-03-14 21:17 | 屋根

庄内地方の黒瓦の家

私は、この庄内地方の景色が好きです。

月山、鳥海山、最上川、日本海、、、、山あり、海あり、

平野あり。そして、その中に建つ黒瓦の家。

夏は、おもいっきり夏らしく、秋の紅葉は、特にきれいで、

冬は、おもいっきり冬らしく、春には、そのぶん、よけいに

いとおしく感じられて。

黒瓦の家は、重厚さを表現し、この地方に、みごとにマッチ

しています。

f0129956_2229148.jpg


しいね産業(株) しいね瓦(株)
[PR]
by kawara-shiine | 2007-03-12 22:31 | 住宅

庄内地方のセメントモルタル棟工法

今日、私は、瓦卸売の営業で、山形県庄内地方にきています。

この庄内地方は、昔から、私の会社のお客様が多く、私は、時々

この地方に出張しています。

この地方では、屋根の棟は、必ずセメントモルタルで、棟瓦を固めています。

土や、ナンバン漆喰は、使いません。モルタルでなければ、雪害の為に、

棟が崩れてしまうからです。

私は、この地方の工事店さんに教えてもらって、自分の会社の屋根工事でも、棟には、

セメントモルタルを使うようになりました。

f0129956_18503988.jpg

( 庄内の家 )

このモルタル棟工法は、雪害だけでなく、大風や地震にも、大変強い工法です。


しいね産業(株) しいね瓦(株)
[PR]
by kawara-shiine | 2007-03-11 19:03 | 屋根

棟部の工事

葺き替えの現場では、棟とりの仕事が始まりました。

棟とりとは、平面を葺き上げて、その頂上部を棟瓦でふさぐ仕事です。

通常、土、しっくい、なんばん、モルタル等が使われますが、

私の会社では、いつもモルタルで棟をとるようにしています。

セメントモルタルは瓦と一体となって固まり、丈夫な棟を造ります。

いつまでも、丈夫で長持ちする屋根工事にこだわり続けています。

f0129956_16201473.jpg


焼いた瓦は、半永久的に長持ちする材料です。

それを使うのですから、その屋根もいつまでも長持ちする屋根で

あってほしいものです。


しいね産業(株) しいね瓦(株)
f0129956_16222728.gif

[PR]
by kawara-shiine | 2007-03-08 16:24 | 屋根

防災瓦

屋根瓦の葺き替え工事をしています。

築30年の住宅で、今までの瓦はそんなに痛んではいませんが、

高台に建っている為、風当たりが強く大風で瓦が浮き上がる事が、

度々ありました。それで、施主様から、風でも浮き上がることの無い、

瓦で葺き替えてほしいとのご要望で、仕事をする事となりました。

屋根瓦は鶴弥のスーパートライ110防災瓦に葺き替える事としました。

f0129956_1919367.jpg
f0129956_19192348.jpg


最近は、屋根瓦も進化して、地震や大風に強い、防災機能の高い瓦が

開発されています。私も後々の事を考えて、出来るだけ新築でも、

修理でも、防災瓦をお勧めしています。


しいね産業(株) ・ しいね瓦(株)
[PR]
by kawara-shiine | 2007-03-04 19:23 | 住宅

屋根の見える風景

私は、屋根瓦工事業と瓦資材問屋を営んでいます。

年齢は60歳になろうとしています。

22歳の時からこの業界に入り、40年近く経とうとしています。

同じ事を40年近くもやっていると、色々とみえてくるものもあります。

これから少しづつ、屋根の事、感じたことを文章でつづってみようと

思います。

今日の現場は高台にあり、そこの屋根からは私のふるさと、

郡山市が一望に望めます。

f0129956_12571616.jpg


しいね産業(株)
[PR]
by kawara-shiine | 2007-03-04 13:00 | 住宅